セファロタス

セファロタスnavi 食虫植物セファロタスの品種と栽培

セファロタス フォリキュラリスの種類と育て方 - 食虫植物セファロタスの増やし方、栽培のコツ

セファロタス フォリキュラリス(Cephalotus follicularis)はオーストラリアの代表的な食虫植物で、他の食虫植物とは違った独特の魅力を持っています。

また、セファロタスはサラセニアやネペンテスに比べて、ごくわずかなスペースでも魅力的な袋状の捕虫葉を楽しめますし、暑さや寒さにも強く、セファロタスの性質を良く理解してから栽培するならば、とても育てやすい食虫植物です。

ジャイアント セファロタス

セファロタス フォリキュラリスについて

セファロタス フォリキュラリスはカタバミ目に分類されている植物です。古くからセファロタスはバラ目と解釈されてきましたが、生物の分類に大きな進歩をもたらした分子生物学の発展によって、セファロタスはカタバミ目に分類されるようになりました。

和名:フクロユキノシタ

英名:Australian Pitcher Plant、Albany pitcher plant

学名:Cephalotus follicularis

分類:カタバミ目セファロタス科セファロタス属

分布:オーストラリア南西部

セファロタスの小さい袋から大きい袋への生長

セファロタスが小さい袋(幼葉)ばかりの状態から大きい袋(成葉)を付けたときの感動は、セファロタス栽培の醍醐味のひとつです。

海外から入手した直後のセファロタス(写真左)と、その4ヶ月後(写真右)。

セファロタスの小さい袋セファロタスの幼葉

さらに4ヶ月後に始めて付け始めた大きな袋(写真左)と、その11日後のセファロタス(写真右)。

セファロタスの始めて付いた成葉セファロタスの大きい袋

さらに26日後の完成した成葉を付けたセファロタス(写真左)と、成熟した大きな袋を付けた8ヶ月後のセファロタス(写真右)。

セファロタスの若い袋セファロタスの成熟した袋

この写真のセファロタスは全て同じ1つの株です。栽培環境ですが、セントポーリアなどに使う小型温室に入れていますので湿度は室内より少し高め、密閉していないので通気は良好、用土は普通の乾燥ミズゴケ、光は植物育成灯のみ、水やりは用土が乾いてきたら、という環境です。

セファロタスには様々な栽培方法がありますが、セファロタスは栽培環境によって、生長の早さや丈夫さだけでなく、見た目もかなり変わってきます。ですから、どのような姿のセファロタスになって欲しいかにより栽培方法を選ぶのが、理想のセファロタスを栽培するための近道のように思います。

このサイトに掲載されている写真のセファロタスを気に入っていただけましたら、ぜひ、このサイトをご参考いただけましたら幸いです。

セファロタスの特徴

セファロタス フォリキュラリスは地を這うアリなどの昆虫を補食するように特化した食虫植物で、地上に壺を並べたような不思議な光景を見せてくれます。

中でも大きな特徴がセファロタスのフタです。

サラセニアやネペンテスなど、袋状の捕虫葉を持つ食虫植物には、たいてい、雨よけになりそうなフタのようなものがあります。

ですが、このフタは、いったん開いたら、二度と閉まることはありません。

ところがセファロタスの場合、このフタを閉じたり開いたりすることがあるのです。

もっとも、その開閉には何日も掛かりますし、また、セファロタスがフタを閉じるのは、セファロタスにとって地下部の状態が良くないことを示します。

海外からの長旅を乗り越えてきたセファロタスを無理に株分けして植え替えた直後(写真左)。だんだん調子が悪くなり、2週間後には、すっかりフタが閉じてしまいました(写真右)。生長点も、いじけてしまっています。

セファロタスのフタセファロタスのフタ

フタが閉じたときに、出っ張っているところにつかえないよう、ちゃんとフタのその部分に窪みがあり、ピッタリと閉まるようになっていることがお分かりになりますでしょうか。

このセファロタスが元気を取り戻し、フタが再び開いたのは、さらに3週間後でした。

セファロタスのフタ

今では生長点も新芽でいっぱいです。

セファロタスの紅葉

セファロタス フォリキュラリスは秋になると紅葉します。系統により、赤や紫など紅葉の色にも違いが見られます。

セファロタスのいくつかの系統は、完全に人工照明だけの環境でも秋には紅葉しますが、同じ温室で同じ照明であっても、ある系統は全ての鉢が紅葉しているのに対し、別の系統は全ての鉢で全く紅葉しないなどの違いもみられます。

また、セファロタスの小さな幼株の場合には人工照明だけの環境では紅葉しにくいようです。

セファロタスの中には黒に近い色にまで紅葉する系統もあります。自然の寒さにさらすことで、いっそう強烈に紅葉します。

セファロタスの紅葉

この株は、昼間15度、夜間10度、湿度は65パーセント前後、屋外光が全く入らない二灯の植物育成灯のみの温室で紅葉しています。

セファロタスの自生地

セファロタス フォリキュラリスは西オーストラリア州アルバニーのシェーンビーチといった、ごく限られた地域だけに自生する稀少な食虫植物です。海に面した斜面にびっしりと覆い尽くすように生えています。

セファロタス自生地の季節は日本とは逆で、12月ごろから高温少雨の夏となり、6月ごろからが低温多雨の冬で、冬は冷涼で湿度の高い環境となります。

セファロタスの自生地は海岸線に沿って広がり、強烈な日射しが降り注ぎ、海からは強い風が吹き付けてくる、そんな場所にセファロタスは生えています。

セファロタスの構造

セファロタス フォリキュラリスは少し変わった構造をしています。葉だけを地上に出し、茎と根は地中で大きく生長していきます。

セファロタスの葉

セファロタス フォリキュラリスは壺のような形をした特徴的な補虫葉と、さじのような形をした平らな葉の、二種類の葉を展開します。

通常の栽培においては、ほとんどが補虫葉で、さじのような形をした葉は出現しないか、一株に数枚が混じっている程度です。

さじのような葉はセファロタスを葉挿しで殖やすときに重宝します。

セファロタスの茎

セファロタス フォリキュラリスは葉だけを地上に出して、茎を地中に伸ばしていく変わった植物です。

地下に伸びるセファロタスの茎は、まるで太い根のように見えますが、これは地下茎と呼ばれるもので、根ではありません。

セファロタスの地下茎は生長に伴って長く伸びていくため、幼苗や小さな株では地下茎の確認が困難で、葉と根だけで構成されているように見えます。

セファロタスの根

セファロタス フォリキュラリスの根は地下茎から長く地中に伸びていきます。新しい根は白いですが、やがて褐色になります。

セファロタスの栽培方法

セファロタス フォリキュラリスを栽培してみると、実際には、かなり丈夫な植物であることがわかります。

1日のうちに湿度や温度が激しく上下しても、水やりをうっかり忘れて用土を少しばかり乾燥させてしまっても、それでもセファロタスは枯れません。

植物育成灯が2灯だけの弱光環境で、他の食虫植物が弱っていくような場所でも、セファロタスだけは次々と大きな袋をつけていきます。

30パーセント近い低湿度、乾いて表面がサラサラの用土、人工照明だけの少ない光量、40度にもなる猛暑、そんな温室でも、モウセンゴケやビブリスなどの食虫植物が次々と枯れていく中、セファロタスだけが活き活きとしていたのです。

セファロタス栽培のポイント

セファロタス フォリキュラリスの栽培においては、ウツボカズラやモウセンゴケなど、一般的な食虫植物用の環境では空中湿度が高すぎたり、用土が過湿すぎたりすることもあるため、セファロタスは温室や植物育成灯など、セントポーリア用の設備で育てるのがおすすめです。

また、セファロタスを栽培する上で、湿度計は必需品と言えます。当然ながら、日の当たる日中に気温が上がれば湿度は下がり、夜になって温度が低くなると湿度は上がりますが、特に乾燥しやすい日中の湿度には気をつけておく必要があるでしょう。

湿度が下がっている場合の対処法としては霧吹きの効果が絶大です。セファロタスに付いている全ての葉が十分に濡れるくらいを目安に霧吹きをします。なお、霧吹きの水は使用のたびに新しく入れ替えるようにします。

セファロタスは生育に適さない環境に置くと、不思議なほどピタリと生長を止めます。1週間前に比べて変化がないようであれば、涼しい場所に置くなど、栽培環境を見直し改善することによって、またすぐに元気を取り戻して次々と大きな袋を付けるようになります。

セファロタスのエサ

セファロタスなど、食虫植物の栽培においては、多くの方が昆虫などをエサとして与えるのかと聞いてきます。

しかしながら、セファロタスの栽培において、そのようなことは不要です。

大気中には微生物や微細な有機物など、様々なものが大量に漂っています。セファロタスが風を好むことを考えますと、微生物や有機物を含んだ空気を常に袋へ取り込み続けることによって、昆虫よりも、むしろ、こうしたものから養分を吸収しているように感じます。

特に小型の昆虫でさえ捕らえるのが困難な幼株の小さな補虫葉では、そうしたことが養分の補給に大きな役割を果たしていたとしても不思議ではないでしょう。

セファロタスを丈夫な株に育てるために

海外からセファロタスの苗を取り寄せると、業者によっては貴重な品種の苗を驚くような梱包で送ってくることがあります。

むき出しの根は、ミズゴケなどの用土で保護されているわけでもなく、ビニールパックの中に、わずかな緩衝材に包まれたセファロタスの極小苗が、そのままコロンと入っていたりします。

パックの中は十分な湿度が保たれているようでしたが、湿度を保つために良く使われる濡らしたシートのようなものも、根を保護するミズゴケもありません。

でもこうした苗はとても健康で、枯れにくく、植え付けてすぐに、すくすくと生長を始めます。

植物には環境に合わせて体を変化させ順応する能力があります。陸地に生えている草の中にも、水没すれば水草としての体に変身して順応する種類もかなりの数に上ります。

動物界の中にも、トンボのように幼虫から成虫になることで、水中から空中などへ適応する種類はいますが、トンボが水の中に沈んだとしても、水中生活に適応した幼虫のヤゴにはなりません。でも多くの植物にとって、環境に合わせて体を変化させることは意外に当たり前のことだったりします。

そしてセファロタスも過保護にしなければ、部屋へ無造作に置いておいても勝手に育つくらい丈夫な株になるのです。

そもそも、セファロタスは本来、部屋が極端に乾燥していたりしなければ、水槽はもちろん、温室に入れる必要さえなく、ポトスと同じように管理しても問題なく育つ植物ですし、温室に入りきらず部屋のすみへ適当に置いてあるセファロタスも1枚の葉さえ枯れずに濃い緑の新芽を展開し続けています。

乾いた風に当たっただけで干からびてしまう株になるか、少しくらい環境が悪くなっても、たくましく生き抜く丈夫な株になるかは、ひとえにセファロタスの育て方にかかっています。

数値はあくまで目安

セファロタス フォリキュラリスを栽培する上で、湿度が何パーセントといった数値を目安にすることもセファロタス栽培における大事なポイントのひとつではありますが、こうした数値はあくまでも目安に過ぎません。

例えばセファロタスの栽培において推奨される湿度の範囲から10パーセントくらい外れていたとしても、それはあまり大きな問題ではないということです。

むしろ、いつも一定の湿度、一定の温度で管理していれば、その環境以外には適応しなくなりますが、湿度が80パーセントだった5分後には50パーセントになるような環境で栽培しているセファロタスは順応性の高い株になります。

セファロタスを栽培している環境の湿度や温度を常に把握しておくことは重要ですが、その数値にいちいち振り回されることなく、あくまで目安として考えておけば、セファロタスを無理なく栽培することができるでしょう。

海外のセファロタス栽培

セファロタス フォリキュラリスは海外でも人気の高い食虫植物で、日本ではあまり見られないような品種も販売されています。

こうした海外からの輸入セファロタスも専門店やオークションで入手できるようになってきましたが、そうした株を入手した場合には、まず日本の屋内環境に馴化させることが栽培成功の近道です。

とはいえ、海外では温度は25度、湿度は60パーセントから80パーセントという栽培方法が確立されていますので、それほど時間をかけずに馴化させることができます。

ただし、稀少な品種などは組織培養で増やしていることも多く、こうした株を入手した場合には、下手をすると湿度が100パーセント近い環境で育てられていた可能性もありますので、そのような場合には1ヶ月くらいかけて慎重に馴化させるべきでしょう。

これまで世界のいろいろなファームからやってきたセファロタスを馴化させてきましたが、例え、どのような環境で育てられていたセファロタスであっても、いったん馴化すると雑草のごとく丈夫で枯れない株になります。

湿度が100パーセント近い環境で育てられていたセファロタス(写真左)を馴化させるために新しい環境へ移すと、いったんほとんどの葉が干からびるように枯れてしまいます(写真右)。

セファロタスの馴化セファロタスの馴化

でも心配ありません。慌てて植え替えたり、置き場所を変えたりしなければ、2ヶ月ほどで環境に馴化した丈夫で枯れにくい、しっかりした新芽が出てきます。

セファロタスの馴化セファロタスの馴化

新芽が出てから5週間後(写真左)と、さらにその2ヶ月後(写真右)。

セファロタスの馴化セファロタスの馴化

セファロタスとカビ

入手したばかりのセファロタスを馴化する過程で、一時的に風通しの悪いところで育てていると、稀に白いカビが生えてしまうことがあります。

フラスコから出すときに培地の洗浄が不十分だったり、あるいは、フラスコから出してピートモスなどに植えただけで馴化させず外気に触れない密閉環境で管理していたり、場合によっては肥料の散布など、海外での栽培環境にも要因がありそうです。

見た目は何となく、うどんこ病に似ていなくもないですが、うどんこ病の対処方法とは逆に、乾燥させることでカビを簡単に消滅させることができます。薬剤も必要ありません。

白いカビに覆われたセファロタスを風通しの良い日陰へ移動。一週間ほどは上からの灌水や霧吹きはしないで良く乾かします。

セファロタスとカビセファロタスとカビ

一週間後、枯れかけた葉は全て枯れましたが、カビは、いつの間にか勝手に消滅しました。

セファロタスとカビセファロタスとカビ

なお、水で流れてしまうような接着力の弱いカビであれば洗い流してから風通しの良い場所へ置きます。他にも、うどんこ病や、他の種類の白いカビなど、性質の違う菌が原因の場合も考えられますので、状況に応じて対処していくのが良さそうです。

いずれにしても、カビの生育条件とセファロタスの生育条件が重ならない環境を作ることがカビ対策のポイントになります。

カビの弱点(カビの種類にもよります。)

  1. 日光(紫外線)
  2. 低温(生長が止まる)
  3. 低湿度(通気)

カビにとってはこうした弱点をひとつでも突かれると大打撃になり、ほとんどの場合、自然に壊滅します。セファロタスは、日光を好み、低温にも相当に強く、かなりの低湿度にも耐えます。

ただし、セファロタスの地上部は急激な環境の変化には弱いので、地上部を枯らしたくない場合には栽培環境に合った対策を選択することも必要です。

セファロタスの好む環境

セファロタス フォリキュラリスは湿度が40パーセントから70パーセント、温度は10度から25度くらいの環境を好みます。

人の快適湿度が40パーセントから65パーセント、快適温度が18度から25度くらいとされていますので、部屋をこのように整えれば、人にもセファロタスにも快適な環境となるでしょう。

あとはカーテン越しの光と、わずかな空気の流れがあれば、セファロタスは特別な設備を用意することなく育てることができます。

特に、温度が10度から15度、湿度が65パーセント前後のときに、セファロタスは通常より、いきなり大きな袋を付けることが多いです。

ただし、大きな袋を付ける要因が、こうした温度のような環境によるものか、あるいは、オーストラリアでは夏にあたる12月ごろの季節に応じた生理的なサイクルによるものかもしれません。

それまでの成葉よりも一段と大きな袋を付けたジャイアントタイプのセファロタス(写真左)と、幼葉ばかりになっていたセファロタスから、いきなり展開した大きな袋(写真右)。

セファロタスの大きな袋セファロタスの大きな袋

また、セファロタスは人工照明だけでも元気に育ちますので、外の光が全く入らない場所でも栽培を楽しめます。

セファロタス フォリキュラリスはお気に入りの鉢に植えて身近なところに置いて楽しむのにも丁度良いサイズです。ぜひ、セファロタスの魅力を間近で楽しんでいただけたらと思います。

いろいろなセファロタス

セファロタスはバリエーションの豊富さも魅力です。ここでご紹介しているのは全てセファロタスです。黒くなるタイプや巨大化するタイプ、食虫植物ヘリアンフォラのようなものもあります。

原種 セファロタス フォリキュラリス
原種 セファロタス フォリキュラリス

在来型 セファロタス フォリキュラリス在来型 セファロタス フォリキュラリス

セファロタス ブラックタイプ
セファロタス ブラックタイプ

セファロタス ハマーズジャイアント
セファロタス ハマーズジャイアント

ジャイアント セファロタス
ジャイアント セファロタス

セファロタス アリストロキオイデス型
セファロタス アリストロキオイデス型

上から見たセファロタスのヘリアンフォラ葉
セファロタス ヘリアンフォラ葉

セファロタスの品種や、より詳しい栽培方法については下記をご覧ください。